ミステリ読書案内

読書歴50年のミステリ・マニアによるミステリ、探偵・推理小説の本の紹介。日本・海外古典ミステリから、最新刊ライト文芸ミステリまで。A4版小型新聞形式で気軽に楽しく1号3分で読める。『ベスト表・ランキング』が目玉。新刊書評も掲載。

お知らせ

最新の「ミステリ読書案内」

第0443号 佐々木譲『樹林の罠』

12月に角川春樹事務所から佐々木譲の道警シリーズ第十作の『樹林の檻』が出た。2年ぶりの新刊ということになる。私の好きなシリーズのひとつで、今回もいつものメンバー……

0443のサムネイル

第0442号 天藤 真の代表作

今度は天藤真の代表作。私が学生の頃に魅力を感じた作家だが、今では人々の記憶から遠ざかりつつあるような気がしている。これからでも再評価されて当然の人。代表作三作を……

0442のサムネイル

第0441号 鴨崎暖炉『密室狂乱時代の殺人』

12月に宝島社文庫から鴨崎暖炉の『密室狂乱時代の殺人 絶海の孤島と七つのトリック』が出た。デビュー作の『密室黄金時代の殺人』にもびっくりさせられたが、本作は更に……

0441のサムネイル

第0440号 E・S・ガードナーの代表作

法廷もの、そしてペリイ・メイスン・シリーズで有名なE・S・ガードナーの代表作。別名義のA・A・フェアの代表作は既に『ミステリ読書案内』第281号で紹介しているの……

0440のサムネイル

第0439号 東川篤哉『仕掛島』

9月に東京創元社から東川篤哉の『仕掛島』が出た。『このミステリーがすごい!』では24位のランクだった。9月30日の出版だったので、読んだ人が少なかったのではと思……

0439のサムネイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加