ミステリ読書案内

読書歴50年のミステリ・マニアによるミステリ、探偵・推理小説の本の紹介。日本・海外古典ミステリから、最新刊ライト文芸ミステリまで。A4版小型新聞形式で気軽に楽しく1号3分で読める。『ベスト表・ランキング』が目玉。新刊書評も掲載。

お知らせ

最新の「ミステリ読書案内」

第0243号 笹沢佐保の代表作

股旅時代もの小説『木枯し紋次郎』でよく知られている笹沢佐保。初期の作品は本格もののミステリだった。その初期の頃の作品を紹介しながら、昭和三十年代の日本の推理小説……

0243のサムネイル

第0242号 辻真先「怪人二十面相」

3月末に光文社から辻真先の『二十面相暁に死す』が出た。「怪人二十面相」は江戸川乱歩から始まっている。いろんな部分で日本のミステリ界に影響を与えてきた。辻真先の2……

0242のサムネイル

第0240号 森晶麿「黒猫」とポオ

先頃この『ミステリ読書案内』第225号で『黒猫の遊歩あるいは美学講義』をちょっとだけ取り上げたが、シリーズを読み進める中で、再度E・A・ポオの作品も含めて「思い……

0240のサムネイル

第0239号 佐藤青南『白バイガール』シリーズ

4月に佐藤青南の『白バイガール』シリーズの6冊目『白バイガール・フルスロットル』が出た。帯に「大人気シリーズ、堂々完結!!」と書いてある。シリーズの紹介と「お仕……

0239のサムネイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加