ミステリ読書案内

読書歴50年のミステリ・マニアによるミステリ、探偵・推理小説の本の紹介。日本・海外古典ミステリから、最新刊ライト文芸ミステリまで。A4版小型新聞形式で気軽に楽しく1号3分で読める。『ベスト表・ランキング』が目玉。新刊書評も掲載。

お知らせ

最新の「ミステリ読書案内」

第0275号 「トクマノベルス」のこと

「カッパノベルス」そして「講談社ノベルス」と書いてきたので、次は「トクマノベルス」の話に行こう。徳間書店から出ていたノベルス本。それなりに充実したラインナップだ……

0275のサムネイル

第0274号 今村昌弘「兇人邸の殺人」

シリーズ第三作が7月末に出た。何の情報も聞いていなかったので、書店の棚で発見した時はうれしかった。やはり期待の作家であり、期待の作品なのである。若い作家の意欲作……

0274のサムネイル

第0273号 綾辻行人の初期代表作

日本のミステリの歴史の中で「新本格ミステリ」誕生の区切りは綾辻行人の『十角館の殺人』だと言われている。1987年のことである。その立役者である綾辻行人の初期の代……

0273のサムネイル

第0272号 講談社ノベルスのこと

第265号に光文社の「カッパノベルス」のことを書いたので、今度は「講談社ノベルス」を取り上げてみようと考えた。私の本棚のノベルスコーナーでは「カッパノベルス」に……

0272のサムネイル

第0271号 海外本格物黄金期の代表作

以前「海外ミステリこの1冊」コーナーで、本格者黄金期の主なミステリを取り上げたような気がしていたが、何冊か紹介し損ねていたことに気付いたので、今回改めて取り上げ……

0271のサムネイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加